2016年04月24日

次回輪読会のお知らせ

次回の輪読会のお知らせです。
前回から雑誌『トロピック』を読んでいくことになりました。
しばらくは第1号(1941年4月)巻頭のセゼールの詩Fragments d'un poèmeを精読します。

日時:5月13日(金)18:00〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
(その次の回は6月10日(金)18:00〜@立花英裕研究室の予定です。)



posted by CEJLF at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年01月19日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。
*場所が変更されました。ご注意ください。

日時:2月8日(月)18:30〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
    早稲田中央図書館内国際会議場共同研究室(3)
posted by CEJLF at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年01月11日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:1月18日(月)18:30〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
posted by CEJLF at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年10月21日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:10月26日(月)18:30〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
posted by CEJLF at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年07月25日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:8月25日(火)16:00〜

テクストはLa cohée du Lamentin p. 232の下から4行目からになります。
posted by CEJLF at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年06月21日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:7月20日(月)17:00〜18:00〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室

テクストはLa cohée du Lamentin p.229〜です。
posted by CEJLF at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年06月03日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:6月15日(月)18:00〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室

テクストはp.223〜です。
posted by CEJLF at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年02月27日

次回輪読会のお知らせ

日時:3月17日(火)17:00〜
場所:大東文化会館 K-403
範囲:Cohée du Lamantin, p. 218のA propos d'Antonio Tabucchiの章より

前回、ヴァレリオ・アダミ論を終え、アントニオ・タブッキについての短い章に入りました。
posted by CEJLF at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年02月11日

次回輪読会のお知らせ

2015年2月19日(木)18:00 @大東文化会館K-401教室
範囲は、ヴァレリオ・アダミ論の続き(p.215以降)です。
posted by CEJLF at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2014年02月20日

第2回日本フランス語圏文学研究会のお知らせ

2014年3月6日(木)11時より、京都造形芸術大学NA409教室にて、
日本フランス語圏文学研究会の研究発表会を開催いたします。
http://www.kyoto-art.ac.jp/info/about/access/
来聴歓迎ですので、お近くの方はどうぞお運びください。

以下、プログラムです。

午前の部11:00〜

開会の辞 立花英裕(会長・早稲田大学)

研究発表

「軌跡の詩学――インゴルドとグリッサンをめぐって」
工藤晋(都立南葛飾高校)

「エメ・セゼールとフランス語の生成――『帰郷ノート』を例に」
福島亮(早稲田大学)

午後の部14:00〜

「エメ・セゼールにおける〈文化〉と〈レイシズム〉――その時代背景をめぐる予備的考察」
立花英裕(早稲田大学)

「第二次世界大戦後のフランス領西アフリカ(AOF)――
コートジボワール作家ベルナール・バンラン・ダディエの体験と自伝的小説『クランビエ』から」
村田はるせ(アフリカ文学研究者)

「初期アルジェリア文学における世界観」
鵜戸聡(鹿児島大学)

「ニューヨーク1939‐1942――シモーヌ・ヴェイユとゾラ・ニール・ハーストン」
大辻都(京都造形芸術大学)

16時頃、発表終了予定。
posted by CEJLF at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報