2016年09月18日

次回輪読会のお知らせ

次回輪読会のお知らせです。

次回はシュザンヌ・セゼールのフロベニウス論を読む予定です。

日時:10月21日(金)18:00〜
場所:早稲田大学8号館7F立花英裕研究室
posted by CEJLF at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年08月03日

次回輪読会のお知らせ

次回輪読会のお知らせです。
前回に引き続き、今回も『トロピック』第1号に掲載されたセゼールの詩Fragments d'un poèmeを読みます。
今回は、Enfin, lui, ce vent des méplats, bonheur, le silenceという箇所から読みます(『トロピック』第1号p. 18)。

日時:8月5日(金)18:00〜
場所:早稲田大学8号館7F立花英裕研究室
posted by CEJLF at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年07月21日

次回輪読会のお知らせ

お知らせが直前になってしまいましたが、下記の通り輪読会を行います。
ひきつづき『トロピック』を読んでいきます。

日時:7月22日(金)18:00〜
場所:早稲田大学8号館7F立花英裕研究室
posted by CEJLF at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年04月24日

次回輪読会のお知らせ

次回の輪読会のお知らせです。
前回から雑誌『トロピック』を読んでいくことになりました。
しばらくは第1号(1941年4月)巻頭のセゼールの詩Fragments d'un poèmeを精読します。

日時:5月13日(金)18:00〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
(その次の回は6月10日(金)18:00〜@立花英裕研究室の予定です。)



posted by CEJLF at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年04月11日

Hubert Haddadとの対談


Rencontre avec Hubert Haddad à l'Institut français à Tokyo, le 13 avril à 19h.

 Institut français à Tokyo(旧東京日仏学院)で作家Hubert Haddadとの対談を行います。『パレスティナ』という小説で有名な作家ですが、日本の俳人山頭火の生涯を小説にもしています。なんだか怪物のような作家です。よろしかったら聴きにいらしてください。(2016年4月13日午後7時から)
詳細は以下をご参照ください。
http://www.institutfrancais.jp/tokyo/events-manager/conference-hubert-haddad/



posted by CEJLF at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員の活動情報

2016年01月19日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。
*場所が変更されました。ご注意ください。

日時:2月8日(月)18:30〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
    早稲田中央図書館内国際会議場共同研究室(3)
posted by CEJLF at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2016年01月11日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:1月18日(月)18:30〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
posted by CEJLF at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年10月21日

次回輪読会のお知らせ

次回のグリッサン輪読会のお知らせです。

日時:10月26日(月)18:30〜
場所:早稲田大学8号館立花英裕研究室
posted by CEJLF at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究会の活動情報

2015年10月12日

『ブラック・モダニズム:間大陸的黒人文化表象におけるモダニティの生成と歴史化をめぐって』

立花史さんから、以下の論集刊行のお知らせをいただきました。

『ブラック・モダニズム:間大陸的黒人文化表象におけるモダニティの生成と歴史化をめぐって』(吉澤英樹編・未知谷)
http://www.michitani.com/books/ISBN978-4-89642-482-9.html

副題の通り、かならずしもフランス語圏の文学に特化したものではありませんが、セネガルの研究者を招いているということもあり、セネガル文学についての論文をいくつか収めております。
posted by CEJLF at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会員の活動情報